フリーランスという働き方

  • フリーランスで最も必要なのは強い意志だ

    • フリーランスは紛れもなく独立することです。
      フリーという言葉から「自由さ」を感じる人もいますが、実際は「自由さ」とはかけ離れたものです。



      間違っても自分の好きなように働けることではありません。
      そのことを肝に銘じていませんと会社勤めに戻ることになってしまいます。

      「戻る」ことから逃げていても「戻る」ことにならざるを得ない状況になります。

      毎日新聞の情報が更新されています。

      理由は簡単で生活のためです。

      フリーランスは独立することと冒頭に書きましたが、独立することとは収入が確定していないことです。



      会社員ですと、サービス残業があろうとも一定の収入をもらうことはできます。

      しかし、フリーランスはそうではありません。仕事がなくなれば同時に収入もなくなります。

      「自由さ」とも無縁ですが、理由は取引先もしくはお客様の要望に応える必要があるからです。
      取引先もしくはお客様に「満足してもらう」「納得してもらう」には「自由さ」など感じている暇はありません。

      相手に合わせる覚悟がなければ独立などするべきではありません。
      「相手に合わせる」とはまさしく自分の都合をなくすことです。
      これが簡単そうで、意外とそうではありません。

      フリーランスで失敗する人で最も多いのがこの辛さに耐えられないことが理由です。

      口でいうのは簡単ですが、実際に行動で示すのは並大抵の意思ではできません。
      題名に「強い意志」と書きましたが「強い」も普通の「強い」ではありません。
      期間が決まっているなら誰でもできます。
      しかし、フリーランスはそれがずっと続くのです。


      どれだけ想像できるかが勝負の分かれ目です。